RSS | ATOM | SEARCH
個人的2012年ベスト10【映像・音楽・本】
今年はあと半月ほどありますが、2012年に観た、聴いた、読んだ作品の個人的ベスト10です。
制作年ではありません。
完全に好みです。
不勉強と幅の狭さが露呈されます。



【映像】
●1位「スパルタカス」シリーズ(サム・ライミ)
……海外連続ドラマ。血と肉とエロ。映像のスラッシュメタル

●2位「ダークナイト」(クリストファー・ノーラン)
……もはや疑う余地がない名作。色眼鏡で見ましたが、想像をはるかに超えていました

●3位「ガタカ」(アンドリュー・ニコル)
……ストイックで静かな感動。一応SF。採血シーンで脱力

●4位「パンズ・ラビリンス」(ギレルモ・デル・トロ)
……2006年のメキシコ・スペイン・アメリカ合作映画。童話・ファンタジー・怖い・グロい。一生のトラウマ必至のダークファンタジー

●5位「マッハ!!!!!!!!」(プラッチャヤー・ピンゲーオ/トニー・ジャー)
……タイのムエタイ格闘映画。ワイヤーを使わない、CGを使わない、スタントを使わない、早回しを使わない。ガチ硬派。トニー・ジャーの出世作

●6位「ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ」(デヴィッド・シュワイマー/サイモン・ペグ)
……メタボ解消でマラソンに出ようぜ、の話。笑える、泣ける。サイモン・ペグのファンに

●7位「僕らのミライへ逆回転」(ミシェル・ゴンドリー)
……ジャック・ブラック主演。ハリウッド映画をホームビデオで勝手にリメイクを製作してしまうコメディ。笑えて、最後は泣かされる。著作権に注意

●8位「リトル・ミス・サンシャイン」(ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス)
……崩壊寸前の家族の立て直し物語。ぽっちゃり女の子がかわいい。コメディなのに非常に泣ける。兄がちょっとジョンレノンぽい

●9位「ミニミニ大作戦<2003年公開>」(F・ゲイリー・グレイ)
……1969年製作の同名映画のリメイク。楽しい、(ミニクーパーが)かわいい、ワクワク

●10位「機動戦士ガンダムZZシリーズ」(富野由悠季)
……初代とZとUCしか知らなくて。主人公ではジュドーが一番好きになりました

※これも捨てがたい
「アンヴィル! 〜夢を諦めきれない男たち〜」
「アニメ・氷菓」
「宇宙人ポール」
「ゆきゆきて、神軍」
「創聖のアクエリオン」
「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」
「インクレディブル・ハルク」



【音楽】
●1位「Galneryus」
……ジャパメタ。シンフォニック。大阪で結成

●2位「グロス・ドリップ」(バトルス)
……かなりPink Floyd寄り。聴きやすい。酔える

●3位「僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ」(モーモールルギャバン)
……インディーズの星・モールル。アーティスト性が増してきた。泥臭で繊細

●4位「ルクセンダルク大紀行」(Linked Horizon)
……サンホラ・Revoによる。舞台性。ハズレ曲なし

●5位「小澤征爾ベスト101」
……たまたまCD屋で見つけた。コレおトクすぎるだろう、と度肝を抜かされて、ついつい手にしてしまった。メンデルスゾーンの「結婚行進曲」は、やっぱり小澤さんのが一番

●6位「SOUNDS & MERCURY」(LUSRICA)
……エレクロトニカ、チルアウト。美メロなラウンジ系。空気が澄む

●7位「天の樹」(天野月)
……天野月子から天野月に。安定さと、幅広さと

●8位「頭脳警察」
……1970年結成。ロック、革命、過激、放送禁止。この時代おもしろい

●9位「GODIEGO(ゴダイゴ)」
……ああ、プログレなのか、と。聴くたびにいろいろな発見ができる

●10位「アインシュタインズ」
……「相対性理論」「やくしまるえつこ」リスペクト。ひねくれ変態、かわいい。今後が楽しみ



【本】
●1位『まおゆう魔王勇者シリーズ』(橙乃ままれ)
……ラノベ。長編、壮大。ドラクエと経済学。1月からアニメ化

●2位『イムリ』(三宅乱丈)
……コミック。SF。意外性とスリルと。三宅乱丈は鬼才

●3位『サムライカアサン』(板羽皆)
……コミック。家族大好きなお母さん。ベタなのにベタじゃない。笑えて泣ける

●4位『ちはやふる』(末次 由紀)
……コミック。百人一首。末次由紀が描くマンガは全部うまい

●5位『だいらんど』(がぁさん)
……コミック。ヤクザでファンタジー。Jコミで無料

●6位『ジジジイ −GGG−』(小山宙哉)
……コミック。宇宙兄弟の小山さんが描く、ルパンなスーパーじいちゃん

●7位『ココロコネクト ヒトランダム』(庵田定夏)
……ラノベ。透明感。派手さこそないが、すごく青春

●8位『ダレン・シャン1 奇怪なサーカス』(ダレン・シャン)
……小説。児童文学? ハリポタと対だと思って読むと面食らう

●9位『セクシーボイスアンドロボ』(黒田硫黄)
……コミック。たぶんハードボイルド。少女。セリフが生っぽくて、シブイ

●10位『男子高校生の日常』(山内泰延)
……コミック。確かに笑っちゃう。こじんまりとしていて分かりやすい


JUGEMテーマ:日記・一般
author:ルートツー, category:クリエイティブ, 17:20
comments(1), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:20
-, -, -
Comment
合作映画で プログ検索中です
合作映画は スゴイ映画が 多いですね
映画同好会(名前検討中
ザ・村石太, 2013/03/26 10:28 PM









Trackback
url: http://root2lab.jugem.jp/trackback/681