RSS | ATOM | SEARCH
今夜の「ザ・ベストハウス123」/チームを組んで仕事をするということ
JUGEMテーマ:ビジネス


●恩師で師匠の作家・中山市朗さんが、今夜19時57分(←この放送時間は近畿圏のみ)から放送の「ザ・ベストハウス123 春の2時間祭り超プレゼンバトル」(フジテレビ系)
に、恐怖心霊映像のナビゲーターとして出演されます。
【中山さんのブログ】

中山さんは、先日も東京ローカルの「しょこリータ」(テレビ東京)
の怪談特集の回で、怪談師として呼ばれるなど、怪異蒐集(かいいしゅうしゅう)の大家なのですが、
【中川翔子の「しょこリータ」HP】

先日、中山さんの書斎にお邪魔してお話している時に、
「東京のクリエイターはチームを組んで仕事をするが、関西のクリエイターはバラバラ。仕事を一緒に取りに行くという考えがなく、取り合いをしている。これでは東京の人間に勝てない」
ということをおっしゃっていました。
http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/archives/51210708.html

僕は来週23日から4日間、東京に行くのですが、欲張りとはわかりつつも行きたい所や会いたい人がたくさんいて、とても時間が足りません。
そこで、たとえば同世代のクリエイターさん数人に声をかけて(僕以外には誰とも接点がない)、「知り合いのクリエイターさんを紹介したいのもあるし、数人で食事をしませんか?」と誘ったり、かなり詰め込み気味のスケジュールになっているのですが、じゃあ大阪では、というと、そんなに横のつながりが密なわけではありません。
大阪在住のクリエイターさんより、東京に住んでいる人の方が多く会っているんじゃないか、というくらいです。

でも、いろいろ思うところがあって、中山さんがおっしゃるとおり、「チームで仕事をするということも大切だし、魅力的だなぁ」と、強く思いはじめています。
具体的に言うと、たとえば、ここのところ、
「ライターだからといって特に紙媒体にこだわらず、子どもがらみなら、テレビの仕事もしてみたい。文章を書くのにこだわらず、構成で携わるのもいいじゃないか。関西で、テレビの仕事に詳しい人と親しくなって、協同できるようになれば、現実味が増してくるなぁ」などと考えています。

そういうわけで…
中山さんは私塾(作劇塾)を経営されていて、
そこを“クリエイターの集う場所”にしたい思惑があるのですが、関西在住のクリエイターさん。もし興味があれば、一度、一緒にお話してみませんか?
author:ルートツー, category:クリエイティブ, 07:40
comments(2), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:40
-, -, -
Comment
オレも、仲間といえばほとんど東京。
ブログにも書いたように、「しょこたん」の番組の楽屋には、出番も無いのに、作家や編集の人間たちが集まってわいわいとバカ話をしながら情報交換。
大阪では絶対にない光景。

だからと言って、東京へは行きたくない。
大阪で、関西で、何とかせんと、日本の文化は危ない。
でも、そう思っている関西のクリエーターは、果たして何人いるのか・・・。

だから、やらねばならん。
中山市朗, 2009/03/19 9:41 AM
●中山先生
おっしゃるとおりですね。
関西にももっと情報を発信できる媒体が増えると、
クリエイターが集う機会も多くなるでしょうか。
情報交換の場がないと、孤軍奮闘になってしまいます。
奈良や京都などの古都がある関西から、
日本の文化復興をやりたいです。
ルートツー, 2009/03/22 5:22 AM









Trackback
url: http://root2lab.jugem.jp/trackback/392